薬剤科

薬剤科

薬剤科では、入院中の患者様が、安全かつ有効的に薬物治療が行われるよう薬剤師全員が積極的に病棟活動に取り組んでいます。常に医師及び看護師、他職種と連携をとりながら、医療チームの一員として、薬剤師の立場から、専門的な貢献が出来るように努力しています。

●調剤
処方された薬の量や用法は適当か、また相互作用(薬が併用されることで、作用が強くなったり弱くなったりする事があります)などをチェックした後、薬をつくります。必要に応じて、薬を服用しやすいように、一回服用量を一包化にしています。

●注射薬
薬物治療が安全で、効果的に行われるために、処方された注射薬は、患者様毎に、一日分(又は一回分)ずつ準備しています。

●医薬品情報
医薬品に関するさまざまな情報を集め、整理し、情報提供を行っています。集まった情報は、医師及び看護師、他職種に提供します。
また、薬に関する問い合わせにも答えています。さらに、患者様への服薬指導にも役立てられています。

●服薬指導
薬を正しく理解していただくため入院中の患者様のベッドサイドに薬剤師がうかがい、薬の正しい服用方法、効果や注意事項などを説明しています。また、薬に対する疑問にもお答えしています。
薬についてのご相談は、いつでも受け付けております。お気軽にお申し出下さい。

●院内活動
専門性を十分に活用するため、薬剤業務にとどまらない各種委員会活動への積極的な参加により薬局スタッフがチーム医療の一員として目的・情報の共有に努めています。

pagetop