教育について
教育について

教育体制

教育理念

患者様が本人の持てる力が最大限に活用でき、精神的・肉体的ニードが充足される看護サービスを提供できる看護師の育成に努めます。

教育目標

1.組織の中の一員としての役割と責任を認識し、良い人間関係が保てる。
2.当院看護師として、必要な知識と技術を習得し、自己の求められる役割を認識できる。
3.専門職である看護師としての能力を高め、個々の状態に応じた看護ケアが提供できる。
4.医療事故防止に努め、患者さまが安心できる看護を実践できる。
5.教育施設としての役割を理解し、後輩、看護学生に適切な指導ができる。

教育委員会

各フロアに教育委員を選任の上配置し、OJT方式で指導を行い、1~2ヶ月に1度委員会を開催して、履修します。また、卒業年数に応じて教育目標を設置し、計画的な教育を実施します。

新卒入職者研修

1週間のオリエンテーションを実施します。
その後は、教育委員による看護技術のチェックと実技指導、更に1か月・3か月・6か月・9か月・1年のレポート提出と振り返りを行います。

中間研修

今日的なテーマについて、計画的に外部講習会の出席と部内報告により、常に新しい看護の知識を取り入れる努力をしています。

症例研究発表

伝達講習会

院内研修

院外研修

卒後年数別看護部教育計画表

対象 目標
新卒者 1.病院の理念・組織・役割が理解できる。
2.看護業務における必要かつ基本的な知識が習得できる。
卒後1年目 1.看護に必要な知識・技術を学ぶ。
2.医療機器が安全に取り扱いができる。
3.看護過程・看護診断のプロセスが解る。
4.チームにおけるメンバーの役割ができる。
卒後2年目 1.科学的根拠に基づいた看護実践ができる。
2.患者様の個別性を捉えた看護過程の展開ができる。
3.チームリーダーとしての役割が解る。
卒後3年目 1.看護チームの業務調整ができる。
2.患者様個々に応じた看護実践ができる。
3.チームリーダーとしての役割ができる。

pagetop