理事長挨拶

理事長のあいさつ

平成27年4月より医療法人財団興和会の第七代理事長に就任いたしました。

団塊世代が75歳に達する2025年に向けて高齢化著しい我が国社会は、老後生活を住み慣れた自宅で安心して過ごすために、国策として地域包括ケアシステムの構築が急がれています。その実現のために社会保障として医療や介護、生活支援などを適正に整備した地域の街づくりや生活者相互の助けあいが求められています。

今までの医療機関は、ややもすれば敷居の高いものと捉えられてきましたが、高齢者医療の充実を図るべく、今後は地域社会の一員として垣根を越えた立場で地域生活者の支援に臨まねばなりません。

医療法人財団興和会が運営する右田病院の歴史は長く、97年もの間、救急は医の原点として八王子市の救急医療に携わり続けて来ました。その理念は「地域のホームホスピタル」として、救急医療を主体にかかりつけ機能を持ち続けています。今後は一定の治療を終了し、住み慣れた自宅に戻りながらも、医療が継続出来るよう在宅医療に取り組むことで、高齢者が安心して過ごせる街づくりにより一層携わっていく所存です。

平成20年に設立したみぎたクリニックは、「女性のワンストップがん検診」として多くの市民の皆さまにご利用いただき、それは検診だけに止まらず、治療への橋渡しも心がけた運営が評価されたものと受け止め、予防医療においても健やかな老後を過ごせるよう寄与してまいります。

今後も、地域医療サービスの充実を図るべく、職員一同努力してまいりますので、ご指導ご鞭撻のほど宜しくお願い申し上げます。

医療法人財団興和会
理事長 右田敦之(みぎたあつし)

pagetop