診療科案内 形成外科

形成外科担当医表

 
午前   薬丸 薬丸 東京医大 薬丸 大岩
午後   薬丸 薬丸 東京医大 薬丸  

変更のある場合がありますので、代表までご連絡の上、ご確認ください。

担当医紹介

名前:薬丸洋秋
資格:日本形成外科学会専門医
資格:日本創傷外科学会専門医
資格:日本形成外科学会皮膚腫瘍外科分野指導医

診察できる疾患・傷病

顔面や手足の外傷(擦過創や縫合が必要な傷)
眼瞼下垂
目立つ傷跡、傷跡の突っ張りや変形
熱傷、熱傷の後の傷跡
皮膚、皮下のできもの(脂肪の塊、疣、粉瘤、皮膚悪性腫瘍など)
爪の変形、食い込み(陥入爪、巻爪など)

体の部位別で取り扱う疾患

頭:頭皮腫瘤など
顔:顔面骨骨折、軟部組織損傷、眼瞼の変形、顔面腫瘤、口耳などの奇形など
首:頸部外傷、腫瘤など
上肢:骨軟部組織損傷、腱神経血管損傷、手の機能再建、再接着など
腹部:瘢痕など
臀部:毛巣瘻など
下肢:陥入爪、軟部組織損傷など

診療内容

形成外科は名前が似ているせいか、整形外科(骨、関節、脊椎などの外科)と混同されることがあります。形成外科は皮膚、皮下組織などを主に取り扱う診療科ですが、顔面の骨折を含めた外傷、傷跡などの手術も行っています。また、そのほかにも、切除が必要な皮膚、皮下組織の腫瘍、巻き爪の処置、熱傷、眼瞼下垂なども診療しています。

当院の形成外科では健康保険の適応とならないような、美容のみを目的とした手術は行っておりませんが、怪我などによる傷跡に関しては保険適応できることが多いのでご相談ください。

外傷における形成外科治療は機能的に、また、整容的に受傷前の状態に戻すことを目的にしており、従来の傷がふさがればよいと言う考えとは根本的に異なります。いかに受傷前の状態に戻すことができるかは患者さんにとって非常に重要な問題で、とくに女性、子供では醜い傷跡、変形が残ることは精神的にも重大な問題となります。

とくに救急治療では、外傷は重要な分野を占めており、実際に来院患者さんも多く、この患者さんたちを、いかに外傷を受ける前の状態に戻すかということが形成外科の大きな目的となります。

保有設備・機器

マイクロサージャリー

pagetop